呼子の朝市をゴールデンウィークに満喫!イカやおすすめをご紹介!


もうすぐゴールデンウィークですが、お出かけの予定はもう決まりましたか?

九州方面へ行くなら呼子はイカがでしょうか?

特に佐賀県の呼子は、名物の朝市やイカ以外にもおすすめが盛りだくさんです。

ということで今回は、ゴールデンウィークに行ってみたい呼子の朝市やイカ。

そして、呼子のおすすめについてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

呼子の朝市をゴールデンウィークに楽しむ方法!

呼子の朝市は、石川県の輪島朝市岐阜県の高山朝市と並んで、日本三大朝市と呼ばれています。(今では千葉の勝浦朝市も加えて4大朝市とも呼ぶそうです)

朝市なので日が昇らない内に始まって終わりそうなイメージですが、呼子の朝市は7:30~12:00までという、朝市としてはとても珍しく、早起きが苦手な人にも優しい仕様の開催時間となっています。(嬉しいポイントですね)

また、呼子の朝市は開催時間だけでなく開催日も珍しくて、基本的に元旦以外は開催しています。

つまり、週末だけとか開催時期が決まっている朝市と違って、いつ行っても朝市を楽しめるという訳です。(有難いですね)

そんな呼子の朝市をゴールデンウィークに楽しむ方法はただ1つ!

それは時間です。

元旦以外は毎日開催していて、開催時間もゆっくり仕様の朝市ですから、「のんびり行っても大丈夫だよね!」と、高をくくっていては、ゴールデンウィークの朝市は楽しめません。

なぜならば、いつにも増して人手に溢れてしまうからです。

どこの街でもそうですが、ゴールデンウィークというのは人で溢れかえります。

人気のある観光スポットであれば尚の事と言えます。

呼子の朝市もその例外ではありません。

人が溢れるという事は、道も混んでしまうということです。

つまり、12:00まで開催しているからと、のんびり構えて出発してくると途中の道で大渋滞にハマってしまい、「間に合わなかった…(泣)」なんて事になってしまうのです。

ですから、ゴールデンウィークに呼子の朝市を楽しむためには、なるべく早めに出発してもらって開始時間の7:30には現地に到着するのを目安にした方が良いと思いますよ!

呼子の朝市の基本情報と地図詳細はこちら【楽天たびノート】

呼子はイカと朝市だけじゃない?

さて、呼子と言ったら何はともあれ名物はイカちゃんです!

玄界灘で育った活きのいいケンサキイカ(ヤリイカ)です!

呼子のイカ料理は色々ありますが、特に食べていただきたいのは、【イカの活き造り】ですね。

透明で透き通っている呼子のイカちゃんのコリッとした食感と甘みは、何とも言えない最高の味わいですよ!

また、ゲソの天ぷらもプリンプリンで、一度食べたら忘れられないと思いますね!

このイカちゃんを食しに、全国各地から呼子へ人が集まってくるのも頷けます。

ここまで朝市とイカについてご紹介をしてきましたが、呼子のおすすめはそれだけではありません。

次の項目では、まだまだ奥が深い呼子のおすすめをご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

呼子の朝市以外のおすすめ3選!

呼子は本当に色々と楽しめる町です。

そこで!

ここからは、呼子の朝市以外のおすすめをご紹介します。

*マリンパル呼子*

【でっかい海の遊園地】と冠したこのマリンパル呼子では、【七ツ釜遊覧船イカ丸(船体デザインがイカちゃん)】と【海中展望船ジーラ(船体デザインがクジラ)】という遊び心も満載な2隻の遊覧船に乗ることができます。

1925年に国の天然記念物に指定された七ツ釜は、玄界灘の荒波によって侵食された洞窟です。

その上は原っぱになっていて展望台や遊歩道があり、晴れた日には多くの観光客で賑わっている景勝地です。

この七ツ釜を【遊覧船イカ丸】に乗れば、海面からダイナミックに見ることができるのです!

玄界灘の荒波はパワフルで見応え抜群です。また、七ツ釜は「神秘の洞窟」とも呼ばれているほど美しいんですよ!

そして、【海中展望船ジーラ】では、ナント!船に乗っているだけで泳いでいるお魚さんの群れを見ることができるという、まるでクジラになったような気分を味わえる船です。

そもそも何故乗ったまま海中の魚を見ることができるのかと言うと…

ジーラは船体の下半分(海面下部分)に潜水艇みたいな窓が付いているのです。

当然ですが、泳いでいるお魚さんは自然の姿そのまんまですから、水族館で見るよりも迫力があります!

マリンパル呼子の基本情報と地図詳細はこちら【楽天たびノート】

*呼子 台場の湯(よぶこ だいばのゆ)*

呼子 台場の湯は、呼子台場みなとプラザに併設されている日帰り温泉施設です。

ここでは、呼子港や呼子大橋、加部島の絶景を望めながら温泉を楽しむことができるのです。

更にこの温泉は、人工ラジウム泉の内湯と「美人の湯の源泉」を使用しています。

もう一度言いますよ。

“ 美 人 ”の湯の源泉を使用しています!

ツルツルのイカちゃんを食した後に、美人の湯に浸ってお肌もツルツルになれるなんて最高ですよね☆

*風の見える丘公園*

呼子から呼子大橋を渡ると加部島へ行けるのですが、その加部島の小高い丘の上にあるのが、この【風の見える丘公園】です。

(神奈川県の横浜に港の見える丘公園がありますが、名前が激似なのはきっと気のせいです(笑))

公園にはシンボルとして、メルヘンチックな白いヨーロピアンスタイルの風車が立っています。

風車と聞くとオブジェをイメージしますが、この風車は実際に公園内の売店などで使う電気を発電している実力派です。(美しいだけでなく普段の家事もしっかり熟す私達マダムと似ています(熱弁))

また、公園の売店では加部島の特産でもある甘夏を使った【呼子夢甘夏ゼリー】を販売しています。

とても味わいがあって美味しいので、イカちゃんを楽しんだ後のデザートとして食べても良いですし、イカちゃん以外の呼子土産としても喜ばれる一品ですよ!

ここまで呼子についてご紹介をしてきましたが、イカが・・・

い、いや・・・如何でしたか?

呼子は朝市とイカが有名ですが、それ以外にも楽しめる所や名物がたくさんあって、とても奥が深く楽しい街です。

是非ともゴールデンウィークには呼子にいらして下さいね。

スポンサーリンク

コメント