まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

グリーンランドのタマホーム花火大会は無料チケットで熊本に行こう!

   

花火

シルバーウィークに九州に旅行をしようと思った時、9月でも珍しく花火大会が行われているのが、テーマパークの花火大会。

熊本にある三井グリーンランドの花火大会、その名もタマホーム主催の花火物語です。

今年のタマホーム主催の花火物語日程と日時が決定しましたので紹介します。

スポンサードリンク

グリーンランドのタマホームの花火大会日時が決定

熊本市荒尾市のグリーンランドで毎年開催している花火大会、タマホームスペシャルの花火物語、今年は、2016年9月17日(土)の20:30~21:00のおよそ30分間に約8000発が打ち上げられます。

今年も、三味線や日本太鼓にあわせた、レーザー光線やナイアガラ、仕掛け花火など短時間で連発する迫力ある花火は圧巻です。

2016年9月17日(土)の花火大会は20:30~21:00で行われますが、グリーンランド自体のアトラクション稼働が当日は、23:00までフル稼働していますので存分にまるごと1日楽しむことが出来ます。

万が一、当日が荒天の場合は翌日の18日(日)に延期になる場合がありますので、当日空模様が怪しい場合は主催者のタマホーム株式会社から提供されるこちらのグリーンランドOfficialホームページで確認して下さいね。

打ち上げ花火の内容は、テーマパーク内のからの水上(パーク内池)から上がる園内ならではのロケーションのなか30分で8000発が打ち上げられる、そのスゴさは圧巻です。

こちらの花火師は、黄綬褒章受章花火師の野村陽一氏が制作した、日本を代表する花火師による花火の打ち上げの演出は見事としか言い様がなく、音楽とのコラボから始まったオープニングから短時間で迎えるフィナーレまでの締めくくりは言葉を失う美しさです。

グリーンランドの花火大会の無料チケット入手方法

熊本県荒尾市緑ヶ丘にあるグリーンランド遊園地内のタマホーム花火大会である「花火物語」は、基本的に観覧は無料となっています。

ただし、通常であれば別途入園料が必要となります。
おとな(高校生以上):1,600円
こども(中学生~3歳):800円

しかし、9月17日(土)の
花火大会当日グリーンランド無料入園チケットの入手方法があります。

その方法は3通り
1:タマホーム公式FacebookページのタイムライントップにあるFacebookクーポン「クーポンを入手」ボタン(右下)をクリックするとメールが送られてくるので、そのメール画面を当日係員に入園ゲートで見せるだけで入園料が無料になります。

タマホームFacebookページはこちら

2:タマネットから(Facebookを登録されてない方は)
タマホームのポータルサイト「タマネット」のトップページにあるバナーから「無料ご入園電子チケット」をダウンロードし、同じく当日係員に入園ゲートで見せると無料で入園できます。

3:近県5県のタマホーム展示場にて無料紙チケットを入手
平成28年8月11日(木)よりチケットが配布されますので、最寄りの展示場に行き、「グリーンランドの花火物語のチケット」が欲しい旨を伝えると快くいただけます。

タマホームチケット配布場所(タマホームトップページはこちら

当日、グリーンランドの横にあるタマホームのグリーンランド営業所も花火開始時間も営業していますので、電話で確保しておきグリーンランドに向かうこともできますので、ぜひ一報入れて相談してみてくださいね。

グリーンランド営業所
所在地:熊本県荒尾市下井手1616-1
電話番号:0120-924-080
場所:グリーンランド正門前
営業時間:9:00~21:00
休業:毎月第3水曜日


スポンサードリンク

グリーンランドの花火大会で熊本から九州を展望

グリーンランドの高台西ゲートから奥、スカイバレーからスカイリフトで山頂に登ると、愛の女神像がある展望台に到着します。

そこから見る景色は、グリーンランドが一望できるのはもちろん、雄大な九州を眺めることができるおすすめスポットです。

日中、まだ日が高い時間帯に入園できれば是非上ってみて欲しいおすすめスポットです。

なお、当日は通常営業時間よりも長く23:00まで延長営業していますので、花火大会の花火物語が21:00に終了しても、全てのアトラクションは運航しております。

さらには、8月中にされている好評の光のファンタジー、イルミネーションも花火物語の当日も開催されます。花火会場にほど近い、巨大くまモンのいるくまモン広場や光に包まれるお祭り広場グラウンドのシャングリラは幻想的的です。

グリーンランドの地図やルート、周辺のおすすめの宿はこちら【楽天たびノート】

まとめ

シルバーウィークで、夏とは一味違う涼感あふれるなかでの短時間の花火大会と、夜遅くまで稼働しているアトラクションで秋の夜長を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

 - おでかけ・おすすめスポット ,