成人式のお祝い相場と甥っ子に渡す時期と表書き!叔母からの成人祝い

成人の日
早いもので甥っ子が今年成人式を迎えます。

一緒に住んでいる祖父母も私の甥とは近すぎて、成人式のお祝い相場を甥っこや孫に対して成人祝いをいくらお金で包むのでしょう。

成人式を迎えたお祝いを本人に渡すのか親にお祝いを渡すのか、渡す時期も分かりませんでした、成人祝いを叔母としての金額はいくらくらい包むか徹底的に調べました。

ついでに叔母の立場になる私と一緒に住む祖父母から孫に対しての御祝い相場も含め、お金を包んだ祝儀袋の表書きの書き方を紹介します。

スポンサーリンク

成人式のお祝いの相場は甥姪ならいくら包む?

成人式のお祝い相場を甥にっこに渡す場合、はっきりいうとその親密度により左右されるため、コレといった決まりがないのです。

ただ、一般的に、甥っ子や姪っ子に対して贈る金額は、1~3万というのが通例です。

一概に1~3万といっても、1万と3万では価格的に絶対差があると思うのですが、そこは甥姪本人との親密さに関わってくると思います。

とても近くに住んでいて、自分は独身で働いていているため、甥っ子のためにはなんでもしてあげたいと思う関係であっても、相手の義理の家族に対して気を使うこともありますよね。

かといって、相手の家族と打ち合わせが出来るわけではなければ、なかなか難しい問題です。

しかし、こういった場合は、自分がしてあげたいことをしてあげるのが良いと思います。

そもそも、成人の祝いというのは、

「おとなになったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝いはげます」ことを趣旨とする国民の祝日に関する法律となっています。

その、成人の御祝いの金額相場は、伯父や伯母(叔父や叔母)から甥や姪に対する金額は、1~3万円というのが相場です。

甥っ子や姪っ子の成人の日といっても、その親密度に大変関係してくると思います。

住まいが近所でとても親しい間柄であるとか、遠くの親戚で「年に一回しか会わない」という間柄で違ってきますよね。

ちなみに、祖父母が孫の成人の御祝いで渡す金額の一般的な相場は3~10万と幅が広いです。

お祝いは成人式と渡す時期と誰に渡すか

お祝いは成人式の当日が渡す時期なのか20歳を迎える誕生日が渡す時期なのかは、成人式が大きな区切りになると思います。

通例は、その地域の成人式が行われる成人式の当日の前日までには贈るのが好ましいそうですよ。

当日ですと、バタバタしてしまうのと、事前に渡すことで、成人式の正装の足しにしてもらえることもできます。

特に準備することのない、スーツで成人式に参加する甥っ子などでも、何かと入り用なのは成人式前に衣装などでもお金はかかりますしね。

私も今までの甥っ子の入学祝いや卒業祝いなどの御祝いは、お金の御祝いを本人に直接渡してしまっていました。

これは、意外と非常識だったらしく二十歳の成人の御祝いまでは、両親に直接渡すのが正しい作法だそうです。

両親がいくらもらったかを把握して、本人に知らせて渡し、ここからどれくらい内祝いとして返すかを教えていくのだそうです。

ですので、本人に直接渡すとしてもご両親の居る前で御祝いの言葉と共に渡すのが好ましいでしょう。

スポンサーリンク

成人式のお祝いの表書きは祝儀袋にどう書く?

成人式のお祝いをお金で贈るときの表書き問題がでてきますよね。

成人式の御祝いはなかなか成人の祝い専用の祝儀袋はないのが実情なので、慶事に用いられる赤白の水引の花結びやあわじ結び、蝶結びで構いません。

お祝い事ですので、金額に合わせて額面相応の祝儀袋を用意しましょう。

熨斗は必ずつけ、水引も赤白が基本ですが、最近ではピンクやブルーなどの、若い女性が好むものや、若々しい男性向けのものまでさまざまです。

甥や姪、孫などの親しい間柄であれば、そこまで水引やのし袋の様式にこだわらなくても、本人に合ったものを選ぶといいのではないかと個人的な私見としては思っています。

祝儀袋の表書きですが、とても身近であれば少し仰々しく思えるかも知れませんが、基本的には以下の通りです。

・祝御成人
・御成人お祝
・御祝
・賀成人式

もちろん、表書きは上記のように記しますが、下に書く名前は、よく言われているのは、フルネームで書くとなっています。

しかし、頻繁に交流があれば、下の名前だけでも良いと思います。

特に、自分が独身の場合、甥や姪に御祝いをするときはフルネームは仰々しいので名前だけは下の名前だけにしています。

その他の、表書きの「祝御成人」や、内袋の金額(漢数字で「金参萬圓也」)は、きっちり書いても、名前だけはフルネームを避けネームだけにしてくだけさせています。

内袋の金額の他に一筆添えて、御祝いの言葉をそえたりすると、とても喜ばれて、こちらの気持ちも伝えられますよ。

大学生のお年玉と成人の御祝いが重なる場合はコチラ

お年玉の相場と大学生が成人式を迎えるときのお祝いはいつまであげる?
お正月と言えばお年玉がつきものですが、甥っ子や姪っ子にあげるお年玉、いつまであげるのが正解なのでしょう。 小学生や中学生、高校生ならまだしも大学生になった今、あげるのかあげないのか迷いませんか? そこで、甥っ子や姪っ子にあげるお年玉の相場や大学生になった場合、成人式も目前、一般的にどのようにすべきか紹介します。

まとめ

成人式のお祝いの相場は甥や姪なら自分の出来る範囲で大丈夫です。

お祝いは成人式の事前が渡す時期として好ましいので早めにお祝いをしてあげましょう。

成人の日の御祝いなんて、一生のうちに一度切り、すてきな成人式を迎えられるようお祝いの表書きをきっちりするだけで実感もわきますよ。

祝われる方はもちろんですが、祝う方が祝われる甥っ子や姪っ子よりも人生経験は豊富ですよね。

人生の先輩としてだけじゃなく、無事に成人の日を迎えることが出来たこと。

それを見届けられる幸せを、しっかりと伝えることでもっと良い絆が生まれるような気がします。

今、目の前の幸せを一緒に祝える喜びを是非とも伝えて良き、大人の門出を祝ってあげてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました