まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

倉敷市児島のデニムの聖地でジーンズ作り体験がおすすめ!

      2016/03/30

ジーンズ

自分の好みに合った

デニムやジーンズに興味がわいてきたところ

テレビや雑誌で見聞きする岡山県にある

倉敷市児島のデニムの聖地が気になってきました。

デニムの聖地と呼ばれているけど

わざわざ行く価値がある?どんな感じなの?

ジーンズ体験ってどんな感じにさせてもらえるの?

所要時間は?すぐに持って帰ることなんてできるの?

そんな気になることを徹底紹介していきます。

スポンサードリンク

倉敷市児島はデニムの聖地!

アメリカで生まれたジーンズですが

国産ジーンズを誕生発祥させたのが

倉敷市児島の街なのです。

もともと干拓地であった倉敷市児島の街は

木綿の栽培が盛んで、その木綿の織りや縫製技術を

産業の基盤に発展し、学生服や足袋、作業服

さらにデニムの生地といった発展を遂げています。

児島味野商店街を中心とした

岡山のジーンズメーカーが集結した

「児島ジーンズストリート」は全国のジーンズファンの

注目を集めています。

博物館や資料館といったジーンズのテーマパークである

「ジーンズミュージアム」は、今に至るまでの

歴史あるジーンズやミシン、ポスターの展示など

時代背景で分かるジーンズの歴史や生産工程までが

分かりやすく楽しめるよう紹介されています。

ジーンズ好きなら是非おさえておきたいところです。

「ジーンズミュージアム」にはアウトレットショップ

体験工房が併設されています。

せっかくなら児島のジーンズ発祥の地で体験したい

なかでも、その「ジーンズミュージアム」での

体験ジーンズは、とても人気があり注目されています。

ジーンズミュージアムは、株式会社ベティスミスが運営しており

体験工房を併設しています。

体験ジーンズ。おみやげジーンズなどと呼ばれているのですが

体験ジーンズとは、

ボタンやリベット(ポケットの角に付いている金具)、

皮ラベルがついていない未完成のジーンズを

自分の手で完成させるという体験ジーンズのことです。

どのように体験できるかというと

まずは、職人達による一本一本手作りしたシルエットにこだわったさまざまな

マスターパターンの未完成ジーンズから自分好みのジーンズを選ぶところからはじまります。

次に、目移りするほどの豊富なデザインやカラフルなボタンやリベット、皮ラベルを自分好みのものを選び、

自分の手で、その選んだボタンやリベットを打ち込む作業を体験することができるのです。

作業は実際に職人が使っている機械を使うので最初は戸惑うかも知れませんが、すぐに慣れて上手につけられますよ。

所要時間は、

ジーンズ選びからはじめ、ボタンやリベットを付け終わるまでの体験が早くて30分。

種類豊富なボタンやリベットを前にすると悩むところで時間がかかったりするんですよね。

その後、選んだ皮ラベルの縫い付けと裾上げはスタッフがしてくれます。混み合っていなければ縫い付けと裾上げがスムーズにいくと所要時間は3~40分ですので、

ジーンズ体験も合わせて最低でも1時間は必要となります。

待っている間は、隣にあるジーンズミュージアムでデニムの歴史に触れたり、

アウトレットジーンズで掘り出し物を探すなど、ちょっとしたテラスがあるのでカフェを飲みながら待つこともおすすめです。

ただし、春休み、特にゴールデンウィーク以降の連休や、シルバーウィークなど9~10月ごろまでは混み合うことがあります。

そうなると、裾上げの待ち時間が長くなりますので、おみやげジーンズとはいきませんが、後日の自宅まで発送してくれるので安心です。


スポンサードリンク

児島のジーンズ作りでサイズ欠けがあった時のおすすめ

さらには、ゴールデンウィークややシルバーウィークなどの混雑時は、

未完成のマスターパターンのベースとなるジーンズのサイズ欠けが出る場合もあるので、その場合は残念ながら諦めるしかないのですが、

裏メニュー的なサービスを紹介します。

実は併設されたアウトレットでアウトレットジーンズを購入して、体験工房でお願いすればボタンやリベットを外してもらうことができ、

好みのボタンやリベットを選び、そのジーンズで体験ジーンズが出来ます。

もちろん皮ラベルの付け替えやすそ上げもしてくれるサービスがありますので、サイズ欠けの場合はスタッフに相談することをおすすめします。

まとめ

せっかく、デニムの聖地に遠路はるばるきたからには、

とことん、自分の好みにしたり、お得なアウトレットをゲットしたり、好きなジーンズの歴史などに触れてみてください。

そして、最高のジーンズと出会ったあとは、

少し足を伸ばして、鷲羽山の展望台から

瀬戸内に浮かぶ瀬戸大橋の景色と美しく沈んでいく夕日は絶景です

周辺地図や口コミはこちら→【楽天たびノート】

日頃の喧噪から離れて児島のロケーションを是非満喫してくださいね。

スポンサードリンク

 - ファッション ,