お食い初めにはまぐり

日本の行事・習慣

お食い初めのはまぐりのお吸い物は赤ちゃんの成長祈願!代用品なら?

お食い初めは、生後100日を迎えた赤ちゃんが、一生食べ物に困らないように願いを込めて、食べ物を食べるマネをさせる儀式です。生後100日を過ぎる頃には乳歯が生え始める時期でもあるため、歯が生え始めてきたことを喜ぶ意味も含まれているそうです。簡単に言えば、生まれたての赤ちゃんの成長を祝う儀式ってところですかね。 そんなお食い初めには準備するべきものがいくつかあり、はまぐりのお吸い物はそのうちのひとつでもあります。 そこで今回は、お食い初めだけでなく桃の節句などお祝いの席に良く登場するはまぐりのお吸い物、その作り方やはまぐりが見つからない時の代用品などについてまとめてみました。