まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

Windows7のバックアップが完了しないデバイスエラーのエラーコード

   

パソコンエラー

Windows10が浸透しているなかですが

Windows7のバックアップを

外付けハードディスクドライブにとろうとしたとき

デバイスエラーになる現象で悩まされたので

同じようにwindowsのバックアップが正常に完了しない方の

お役に少しでも立てればと思い、あくまでも個人的に解決した

Windows7のバックアップが正常に完了するまでの記録を紹介します。

スポンサードリンク

Windows7のバックアップが正常に完了しない状況

外付けハードディスクドライブに自動でバックアップするように

設定していたので勝手にバックアップ作業をしてくれていましたが

「Windowsバックアップが正常に完了できませんでした」という

エラーメッセージが出てきてしまったのです。

ちょうど、新しく外付けハードディスクドライブを買い換えて

新しいHDDにバックアップをとろうとした時と

重なったこともあってか

「Windowsのバックアップが正常に完了できませんでした」

何度試しても同じでした。

そのため進行状況を確認していると

バックアップを開始してから、

システムイメージの作成の60%くらいまでは

スムーズにいくのですが、

その先の、システムイメージの作成を試みるところで

バックアップ機能がストップして

「バックアップは正常に完了しませんでした」と

バックアップを中断しその作業を放棄してしまいます。

エラーの詳細には


 

【ソースまたはターゲットのデバイスエラーのため、操作に失敗しました。
ソースボリュームまたはターゲットボリュームがディスク上にある場合、そのボリュームでCHKDSK/Rを実行してから操作を再試行してください。】

追加情報
詳細:I/Oデバイスエラーが発生したため、要求を実行出来ませんでした。
バックアップ場所:ローカルディスク(D:)
エラーコード:0x8078012D


 

となります。

常駐プログラムのウイルス対策ソフトなどが

影響していてバックアップを妨げている場合があるとのことで

他のプログラムはもとより常駐プログラムもすべてオフにして

何度もバックアップを試みましたが結果は同じでした。

windows7のバックアップI/Oデバイスエラーの対処法

エラー詳細の

ソースまたはターゲットのデバイスエラーの操作に失敗した。

ということは、かんたん説明すると

今まで使っていた旧外付けハードディスクドライブではうまくいっていたため

これから使う、新外付けハードディスクドライブと

内蔵ハードディスクドライブの

どちらかのハードディスクドライブに不具合(障害)があるため

まずは、ファイルシステムのチェックと修復をしてくださいうことになります。

ということなので

内蔵ハードディスクドライブ、外付けハードディスクドライブを

含めたすべての(C:D:E:などの)ハードディスクドライブを

チェックディスクしていきます。

この時、コンピューターの管理者の権限が必要です。

まず、すべてのプログラムを終了します。

ディスクチェック実行中は、チェック中のドライブで

他の作業を行うことができないため、

ほぼパソコンは使えないと思っていた方がいいです。

さらには、とても時間がかかります。

パソコンで作業をしなくても良い時間帯を選んでくださいね。

Windows7のスタートメニューにはスキャンディスクがありません。

そのため、「CHKDSK/R」のスキャンディスクを行う

ドライブのプロパティ画面から行います。

1)「スタート」ボタンをクリック

2)「コンピューター」をクリック

3)スキャンディスクを行うドライブの上で右クリックし、そのなかの「プロパティ」をクリック
↓「(任意のドライブ名:ローカルディスクCなど)のプロパティ」画面の中の

4)「ツール」タブをクリックし「エラーチェック(このオプションはドライブのエラーをチェックします)」内の「チェックする」をクリック

5)「ディスクチェック(任意のドライブ名:ローカルディスクCなど)」画面が表示されますので
「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」(CHKDSK/F)にチェックを入れ
「不良セクターをスキャンし回復する」(CHKDSK/R)にもチェックを入れて(←これが肝心)
【開始】ボタンをクリックします。

その際、OSなどのファイルシステムが入っている

任意のドライブ(例えばCなど)ですと


 

『ディスクの使用中にそのディスクを検査できません
次回コンピューター再起動時にハードディスクのエラーを検査しますか?』
【ディスク検査のスケジュール】か【キャンセル】


 

を選択することになりますが、スケジュールを設定しても

自動で再起動をしてくれるわけではありませんので

【ディスクの検査のスケジュール】をクリックし自ら

再起動を行いますとディスクチェックが開始されます。

処理には相当の時間を要しますので、

十分に時間があるときに試してくださいね。

私の場合5時間ほどかかりました。(目安にしてください)

ディスクチェックが終了しましたら

再起動を行い、再度バックアップを試みてください。


スポンサードリンク

windowsのバックアップのエラーコードは0x8078012D

簡単に説明すると、このエラーはデータの読み書きで発生するそうです。

CHKDSK/Rとは、ディスクのチェックをリカバリモードで実行してください。

という意味になるので

バックアップしたいデータがあるドライブ(D:)

バックアップを保存するドライブ(E:新外付けHDD)

どちらかに不良箇所もしくは、

ファイルを管理するファイルシステムの障害が出ているため

ドライブに不具合が出ていないか、チェックして修復してくださいという

エラー警告になるのだそうです。

この時、多くはバックアップを保存するドライブよりも

システムファイルが存在するシステムドライブ側の不具合が多いそうです。

もしも、上記一通り試しても失敗だった場合は

上記の「不良セクターをスキャンし回復する」「CHKDSK/R」(チェックディスク)

数回すると修復と回復がされることがあるそうです。

まとめ

数時間もかけてバックアップをとっても

途中でエラーになるとどうしようと思いますよね。

私も正常にバックアップが完了した時には

5時間待った甲斐がありましたので

時間に余裕がある深夜やパソコンを使用しない時間などに

チェックしておいて、チェックが終了すると

バックアップしてみてくださいね。

あくまで私の場合は、個人的にこれで成功しました

というお話ですので、

すべてがうまくいく訳ではないと思います。

成功しなかった場合は

PCのサポートセンターなどに聞いてみてくださいね。

バックアップが成功すること願っています。

スポンサードリンク

 - パソコン・スマートフォン ,