まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

倉敷美観地区の大原美術館を観光した後のおすすめカフェは?

      2016/05/01

岡山倉敷美観地区

倉敷にある美観地区に行くなら

外せないのが美観地区内にある大原美術館です。

倉敷美観地区にはその他にもたくさんの

美術館や博物館があります。

美観地区自体は倉敷川沿いのわずかな区間の

大原美術館をはじめ、

少しなかに入ったおすすめの散策コースを紹介します。

スポンサードリンク

倉敷美観地区にある大原美術館の歩き方

倉敷駅に降り立つと

北側にいくと三井アウトレットパーク倉敷があり

南側にいくと徒歩10分程度で倉敷美観地区へ行くことができます。

駅を背に歩いていると信号3つめの美観地区入口という交差点を

左に入ればそこが美観地区になります。

そこから情緒あふれる古き良き倉敷の町並みが迎えます。

そこから入れば美観地区なのですが、

まず行っていただきたいのは、

お車でお越しの際は、最寄りの駐車場にもなる

倉敷中央駐車場奥にある自然史博物館です。

連休などの混雑時に停められなければ、こちらの駐車場情報を参考にしてください。
>>倉敷の美観地区へ車でのアクセスと駐車場と定休日は?

自然史博物館の建物内に観光案内所や休憩所がありますので

そちらでパンフレットや地図を入手できます。

といっても、地図が必要なほど広くはないのですが

古い町並みですので、路地裏などに見所があったりするので

美観地区を満喫する前に休憩がてら寄ってみてくださいね。

倉敷美観地区で外せないのが「大原美術館」です。

昭和5年(1930年)に、

倉敷紡績の2代目社長である大原孫三郎氏が

日本初の西洋近代美術館として開館したもので、

画家である児島虎次郎氏に委託して収集した西洋の名画を中心に約3000点の作品が収蔵されています。

本館には、その半数の1500点が常時展示してあり、

美術の教科書でも出てきたような誰もが知っている名画、

セガンティーニの「アルプスの真昼」などの西洋絵画、

なかでも有名な17世紀のエル・グレコの「受胎告知」は、

別置されており展示スペースが大きくとられているのでゆっくりと鑑賞することができます。

入館料は、1300円です。
(本館・分館・大原美術館児島虎次郎記念館などの関連各館共通)

入館時に音声ガイドを利用すると

入館料プラス500円で、美術館の案内、歴史や

その時の主要展示作品についての解説を聞きながら鑑賞することができるのもおすすめです。

所要時間は鑑賞の仕方でさまざまですが、

その音声ガイドを利用して鑑賞した場合の所要時間は1時間30分から2時間程度になります。

19世紀の印象派の名画や現代美術品など、

世界的にも水準の高いコレクションを是非生でご覧ください。

開館時間は9時から、16時30分が閉館時間となっておりますが、

夜は倉敷美観地区のライトアップに合わせ

大原美術館もライトアップされますので、夜暗くなってからの散策も

町並みに合い幻想的で素敵ですよ。

倉敷美観地区のライトアップは通年行われており、

春から夏4月~9月は22時まで、

秋から冬10月~2月は21時までです。

大原美術館周辺の地図や口コミはこちら「楽天たびノート」から確認できます。

倉敷美観地区観光におすすめ文化遺産

そして、その大原美術館本館前にある石橋を

渡った少し先まで行くとトンネルが見えてきます。

そのトンネル前の交差点の右手前にある

「中国銀行倉敷支店本町出張所(旧中国銀行倉敷本町支店)」もおすすめです。

現在も銀行として運営されていますが、

これは、登録有形文化財に指定されている

大正11年(1922年)竣工の

倉敷ゆかりの建築家薬師寺主計の設計で造られた

独特なドリス式コラム、3連アーチのドーマー窓、

アーチ窓上部のステンドグラスが特徴的な銀行建築で

前面や側面に柱をもつルネサンス様式の建物は

大原美術館にひけをとりません。


スポンサードリンク

倉敷美観地区のおすすめカフェといえばエルグレコ

名画や、建物を鑑賞した後は、

ゆったりとカフェでくつろぎたいものですが。

せっかくの古き良き石畳と倉敷の町並みのなかの

西洋文化とふれ合ったらその余韻冷めないまま

雰囲気のあるカフェでコーヒーを飲みたいものです。

そこでおすすめのカフェは、

大原美術館の隣にある「カフェ エル・グレコ」です。

大原美術館設立者の大原家の事務所を

昭和34年(1959年)に、喫茶店に改装したもので

改装に携わった薬師寺氏(中国銀行主計)が

この建築のそばにアイビー(蔦:ツタ)を植えたことで

今では外観のほとんどを蔦が覆う外壁が特徴的です。

開店した当時のままの内装は

高い天井に、分厚い一枚板の見事な欅のテーブルは

京都にある喫茶店「進々堂」と同じものだといわれていました。

おすすめのカフェメニューは、

モカ主体のコーヒーと、レアチーズケーキ(ブルーベリーソース)の

コンビネーションが絶品です。

まとめ

白壁の町、倉敷美観地区自体はわずか短い区間ですが

そこから少し路地を入ったり、東の本町や東町まで

足をのばしたり倉敷の白壁の町並みをゆっくりと

散策して倉敷を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

 - おでかけ・おすすめスポット, レジャー・テーマパーク ,