まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

お盆提灯の意味と初盆の時期に白提灯を飾る理由と期間

   

白提灯

そろそろお盆の準備をはじめる時期ですが

お盆提灯とはいったいどういうものでしょう。

お盆に欠かせない盆提灯の意味と

初盆だけの白提灯の飾る時期や飾り方について紹介します。

スポンサードリンク

お盆提灯を飾る意味

お盆提灯とは、

お盆の時期にご先祖様や、故人の精霊が

あの世とこの世を行き来するときに

迷わず生家に帰ってこられるよう目印として飾るものです。

いわば、お盆提灯は迎え火・送り火の大切な役割となるものです。

さらに、お盆提灯は、

故人の冥福を祈り、生前の感謝の気持ちを込めた

お盆の供養を表すためのもので、

親戚や兄弟、故人の友人や知人から頂く

供養のためのさまざまなお供えもののなかでも

絵柄の入ったお盆提灯を贈ることが仏様をおもてなしする

お盆のお供えとして提灯が最高のものとされていました。

そういったことから、昔は絵柄盆提灯が多いほど

亡くなられた方の徳が高く慕われていた証しでもあったようです。

この絵柄盆提灯は、スペースの都合があれば

いくつ飾ってもいいとされています。

現代では、住宅事情も変わりお盆提灯を贈ることは少なくなり

代わりのものとしてはお線香を贈るのが一般的になりました。

お盆の提灯を初盆だけ白提灯の理由

初盆・新盆(はつぼん・にいぼん)の盆提灯は、

真っ白な白提灯を使用します。

白提灯は、最初のお盆に先祖の霊が迷わず戻れるよう

目印として飾るため主に軒先、または玄関に吊すものです。

頂く絵柄盆提灯はと違い、

白提灯は親族が一つ準備するのが一般的です。

白提灯といっても、さまざまな種類があり、

真っ白なものから、紋天入り白提灯、

(白紋天の紋とは、提灯表面に無数にある白い透かし模様のことです)

最近では置くタイプの置き提灯などもありますが、

白提灯とする意味には、

一つには、亡くなって間もないので、清浄や無垢を表す白で

華美な色彩を避ける為、

もう一つは、地域や宗派によっては

新仏の戒名や経文を書いて軒先に掲げる為ともいわれています。

また、白提灯に使われる木の部品は

白木で作られているのも特徴です。

白木のお道具は、一度しか使わないというしきたりにもあるように

初盆専用の白提灯は、その年その初盆限りで

お盆の期間に飾り終わるとお焚きあげや送り火で処分します。


スポンサードリンク

お盆の提灯を飾る時期と期間は?

盆提灯の飾る時期は、

お盆の迎え火や送り火という大切な役割がありますので

お盆の7月13日(8月13日)までに用意しておきますが

実際には、早く帰って来て欲しいという願いから

7月(8月)に入ったらすぐに飾り始める場合が多く

「なすときゅうりの牛馬」(精霊牛と精霊馬)を

精霊棚に飾るのが7月(8月)1日であれば

同じ日に白提灯も飾られるのが良いですね。

なすときゅうりの精霊牛と精霊馬は、

精霊様の乗り物ですので、

あの世とこの世を行き来されるのに

提灯をつけていないと「道に迷われる」ことになりますものね。

精霊馬・精霊馬の意味と作り方はこちら>>

初盆のお盆飾りの飾り方と祭壇のなすときゅうりの意味まで

お盆の期間中は提灯の灯りは灯しておきますが

期間に関しては、一般的には7月(8月)13日~16日ですが

その土地土地の風習が大きいため

親戚の方やご近所の長老の方、

お寺様に伺ってみることをおすすめします。

まとめ

お盆といえばお盆提灯ですが

その種類も多く、白提灯は初盆限りで処分しますが

その他の絵柄盆提灯は毎年使えますので

お盆が終わると次のお盆まで大切に保管しておきます。

たくさん頂いたお盆提灯を毎年飾るのが大変になってくると

2~3年経てば少しずつ飾る数を減らしていくといいですよ。

スポンサードリンク

 - , 日本の行事・習慣 ,