まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

桜は縁起が良い名前?意味や漢字の由来から女の子につけると?

   


人の名前にはそれぞれ親の思いが込められています。

どの親も、赤ちゃんが生まれる前から我が子のために少しでも縁起の良い名前を、少しでも良い意味を持った名前を付けてやりたいと思うものです。

そんな親の思いがたっぷり込められた名前を授かり、その後の人生を歩んでいくんですね。

「桜」は誰もが知っている有名な花の名前です。この花言葉の意味から、女の子の名前に使われることも多いのですが、実際にはどうなのでしょう?

今回は「桜」と言う名前を付けるにあたり縁起や意味について紹介します。

スポンサーリンク

桜は縁起が良い?悪い?


桜は春になると淡いピンク色の花を咲かせ、散りゆくさままで美しいと言われますよね。

桜の花を見上げながら行うお花見を、毎年楽しみにしている人も多い事でしょう。

これほどまでに多くの人に愛される花は、桜以外にはないような気がします。

では、そんな桜を子供の名前にするのは、縁起がいい事でしょうか?それとも悪い事なのでしょうか?

桜と聞けば「パッと咲いてパッと散る」イメージが強いんですよね。

そのこともあって、子供の名前につけるのはどうかな?と悩んでしまう人も多いようです。

しかし実際にはとても縁起が良い名前なんですね。

そもそも桜は日本の春を代表する花でもあり、桜が咲くのを見て春を実感する人も多いぐらいですよね。

また、昔からたくさんの和歌にも詠まれるほどの人気がありました。

昔も今も、日本の春と言えば桜の花であることに間違いはありませんし、日本の情緒をしっかりと感じ取れる花でもあるのです。

花の名前は昔から華麗なイメージが強く、そして響きも可愛いものが多いんですね。

もちろん「桜」も同様に音の響きも可愛いですし、女の子の名前には特にピッタリなイメージですよね。

桜という名前は縁起が良いの?


桜は、日本人にとっては欠かせない季節感のある花でもありますよね。

そんな桜の花は遥か昔、縁起が悪いと言われていたのも事実です。

そのためその時代では結婚式なども桜の季節には行わないのが主流でした。

桜は「パッと咲いてパッと散る」イメージが強く、結婚はそのイメージとは会わなかったからなんですね。

しかしある時代では、桜が咲き誇る様は豊作祈願や豊作のシンボルとも言われていたこともあり、縁起が悪いというよりは縁起が良いとされていたのです。

もちろん現在でもご祝儀袋にも桜の装飾が施されているものがあったりするなど、完全に悪いイメージは払拭されていますよね。

受験に受かった時なども「サクラサク」と言ったりもしますし、結納の席にも桜茶が出されるなど、縁起が悪いとされていた時代もあったのですが、現在ではその真逆で縁起が良いものとして扱われています。

そんな桜を子供の名前につけるとしたら、それはもう、現在では縁起が良い名前になるわけです。


スポンサーリンク

桜の縁起の意味や漢字の由来は?


桜と言う字の旧漢字は「櫻」という字になります。

この「櫻」という字には貝を2つ並べたネックレスを意味していことから「嬰」は女性の首飾りを意味しているそうです。

これに「木」を合わせることで、首飾りのような果実が実る樹木と言う意味合いになるそうです。

また桜の花が持つイメージとしては「キレイで奥ゆかしさがある」、「おしとやか」、「華がある」などのイメージがあります。

花言葉には「精神の美」や「優雅な女の人」となっているそうですよ。

ここまでくると、本当に女の子にはうってつけの名前のように思えてきますし、とても縁起が良さそうな感じがしますよね。

もちろん我が子の名前を付ける時、「桜」という字にどんな意味を含ませるのかはその親次第なところもあります。

例えば「桜のようにキレイで優雅な女性になって欲しい」とか「春の日差しのように暖かで優しい子になって欲しい」、「力の限りキレイな花を咲かせる桜のように、力強い子になって欲しい」など。

たった一文字の「桜」と言う漢字でも、名付け親によって込める意味合いは微妙に変わってくるのです。

なお、「桜」という字は女の子のイメージが強いかもしれませんが、実は男の子の名前にも使われることがあります。

「桜」と言う字が持つ意味や縁起が良いことから、男女を問わず使われるようになったのです。

まとめ

いかがでしたか?

桜の花は毎年はかなく散っていくイメージが強い人もいるかもしれません。

しかし、実はその一瞬一瞬を大切にしながら力強く最期まで咲き誇る桜は、縁起が良いとされ、男女を問わず名前に使われることがあるんですね。

もちろん「桜」と言う字が持つイメージの強さから、女の子の名前に使われることの方が圧倒的に多いのも事実です。

もし「桜」という名前を私が娘につけるとすれば、「桜の花のように優しく美しく、そして誰からも好かれる人になって欲しい」と願って付けるかもしれません。

あなたは、どんな意味を含めて「桜」と言う名前をつけますか?

素敵な名前に素敵な意味を込めて、これから生まれてくる赤ちゃんに贈ってあげて下さいね。

スポンサーリンク

 - 育児・子育て ,