まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

皿倉山の夜景を見に車で平日ドライブする時のアクセス方法と所要時間

   


知名度の高い日本三大夜景と言えば、函館、神戸、長崎が特に有名ですが、2003年には非営利団体が選定した「新日本三大夜景」が発表されています。

皿倉山(福岡県北九州市)、若草山(奈良県奈良市)、笛吹山フルーツ公園(山梨県山梨市)の三か所ですが、ローカル色豊かで知名度としては劣るにしても、じわじわと人気を集めているスポットです。

今回はその中から皿倉山をピックアップして、夜景を見に行くときのアクセス方法をご紹介します。

スポンサーリンク

皿倉山の夜景を車で見に行く時のポイント


皿倉山は福岡県北九州市八幡東区にある山で、標高は622mあります。山頂には地元テレビ局やFM送信所、新聞社、警察庁などの無線基地局も設置されています。

山頂までの登山ルートとしては複数のルートがありますが、自動車が通行できる道路が整備されており、8合目のビジターセンターまでは、一般車両も通行できます。山頂へは直接自動車では行けません。

ビジターセンターから山頂までは、歩いて10分程かかります。

ビジターセンターの駐車場は、約11台駐車できるようですが、広い駐車場ではありません。

金・土・日・祝日には、登山道車両通行止め(18:00~翌日10:00)になります。

また展望台の営業時間は、平日10:00~17:40、土・日・祝日10:00~21:40

レストラン営業時間は、平日10:30~17:00、土・日・祝日10:30~21:00

平日と休日などで営業時間が変わりますので、注意が必要です。出かける前に営業時間を確認しましょう。

皿倉山に平日夜景を見に行く時の所要時間


山頂の展望台からは、若戸大橋や工業地帯、北九州市の市街地の夜景などが一望でき、大迫力の夜景パノラマが展開されます。

自動車で行く場合は、皿倉山ケーブルカー駐車場付近からビジターセンター駐車場まで約15分、そこから徒歩約10分で山頂です。

25分から30分というところでしょうか。

平日には自動車でビジターセンター(8合目)までは行けますが、道路幅が狭く急カーブもあるので、安全性を考えるとケーブルカー利用の方が安全だと思います。

一般的な夜景見学としては、ケーブルカーとスロープカーの乗り継ぎコースです。

皿倉山ケーブルカー山麓駅付近の駐車場に自動車を駐車したとして2~3分で駅に着いてケーブルカーで約6分乗ると山上駅に着きます。そこからスロープカーで約3分で山頂到着です。

待ち時間を含めて15分から20分で山頂です。

山麓駅から山頂までは、徒歩だと1時間半程度ですが、夜だとちょっと無理でしょう。


スポンサーリンク

皿倉山に夜景を見に行くためのアクセス方法

皿倉山に夜景を見に行くためのアクセスとしての代表的注意点

・自動車で参道途中のビジターセンターへ行って、あとは歩いて山頂へ行く。

・皿倉山ケーブルカー山麓駅付近まで自動車で行って、そこからケーブルカーとスロープカ―を乗り継いで山頂まで行く。

この二つのアクセス方法のどちらかを選ぶのが、多いと思います。

皿倉山の周辺地図と基本情報はコチラ
【楽天たびノート】から

まとめ

平日に自家用車で山頂近くまで行きたい場合は、日没時間前を目指して行くと良いでしょう。

あまり遅い時間だと、観光客も少なくて寂しい思いをすることもあるかも知れません。

ちょっとゆったり夜景を眺めるには、ケーブルカーとスロープカ―に乗って、夜景を鑑賞しながら山頂へ向かって、レストランで食事を楽しむという方法がおすすめですよ。

スポンサーリンク

 - おでかけ・おすすめスポット ,