まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

しめ縄としめ飾りの違いと意味!神棚には一年中必要?飾り方は?

   


年末になると、新年を迎えるお買い物で皆さんお忙しくなりますよね。正月行事でも特に大切とされる、年神様をお迎えする為、買い物かごには神棚用、自宅の玄関用、自動車用のしめ飾りが、という光景をよく目にします。

しめ飾りは年末から松の内(門松を飾る期間)まで飾るとされており、1月7日までであったり、地域によっては、1月15日に各地の神社で行われるどんど焼きの日まで飾るという所もあるようです。

このしめ飾りを1年中飾ってある、という方はいないと思いますが、神棚には1年中しめ縄をするべき、という話を聞いたことはありませんか?

一体しめ縄とはどういうもので、しめ飾りとの違いは何でしょうか?こちらでは、お正月を迎える上で、知っておくべきこの2つの違いについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

しめ縄としめ飾りの違い!


お正月に買うしめ飾りを1年通してつけておくわけにもいかないし、しめ縄としめ飾り、この違いは何となくわかるような、わからないようなボヤッとしてしまいますよね。

しめ縄としめ飾りの違いと聞くと、しめ縄とは神社などにつるされてある、あの飾り気の内白い紙が所々ぶら下がっているしめ縄を思い出しますよね?

そして、しめ飾りはしめ縄と同じように藁や葛を使って、正月用につくられた派手な飾りのことかな?と大まかなイメージは湧くと思います。

まず、しめ縄とは、神様が降りてこられる、神様がおられる場所を示す印であり、神様の世界と現世をわける境界線の役割を果たしている、と言われています。

不浄なものが神域へ入りこむことを防ぐ結界の役目になっているそうです。

しめ飾りとは、そのしめ縄に、お正月に年神様を迎える為に、縁起物と呼ばれるものを飾り付け、年神様が通られる玄関先や神棚に飾るものです。

しめ飾りに使われる縁起物とは、裏白(うらじろ)、ゆずり葉、橙、紙垂(しで)などがあり、それぞれにきちんと意味があります。

裏白は、裏が白いシダという植物で、裏が白いことから、裏表なく心が潔白であること、白髪が生えるまで長生きすることを意味しています。

ゆずり葉は、新芽が出た後で古い葉が落ちることから、家系が絶えず続くということを意味します。橙もよく似てはいますが、家系が代々繁栄するように、という響きにかけられています。

紙垂は、和紙に特別な切り込みを入れて折られたもので、稲穂が垂れ下がったような形になっており、豊作を意味しているようです。

また、神社でもしめ縄は1年を通して常に張られていますが、しめ飾りを1年中飾ってある、ということはありませんよね。

しめ飾りは、年末、特に12月25日から28日の間に飾られ、年神様が家で過ごされる期間である松の内(1月7日)まで飾られることが多いです。

地域によっては、「どんど焼き」という神社でお正月の飾りなどを燃やす日まで飾っておく所もあるようです。

しめ縄もしめ飾りも、神様をお迎えする目印となることには違いはありませんね。とても神聖なものであるということです。

しめ縄としめ飾りの意味は?


しめ縄としめ飾りの違いでも、意味について少しお話しましたが、古来の風習というものには、それぞれ由来があるものです。

神社や神棚でよく見かけるしめ縄の由来とは?気になりますよね。

しめ縄の由来は、日本神話までさかのぼります。

日本の天皇様の祖先としても有名な天照大御神(あまてらすおおみかみ)が、暴れん坊だった弟、須佐之男命(すさのおのみこと)の悪事に悲しみ、天岩戸(あまのいわと)にお隠れになりました。

太陽、光、慈愛などを象徴する尊い神様が隠れられた為、世の中は太陽を失ったことにより、暗闇になり、作物も育たず秩序も乱れました。

困った八百万(やおよろず)の神様たちが、天岩戸に集まり、天照大御神を連れ出す為にお祭り騒ぎを始めます。気になり出てこられた天照大御神がまた天岩戸へお隠れになることがないよう、天岩戸にしめ縄を張って閉めたことが、始まりと言われています。

そこから派生し、神様が宿る場所であることを示す、現世との境界を意味するものになりました。

一方、しめ飾りは、どの家にもお正月には年神様が来られると考え、しめ縄を飾ってお迎えする意味をもっています。

そもそも、お正月とは、先祖の霊である年神様が各家庭に降りてこられ、子孫繁栄、五穀豊穣の祈りを叶えてくださる元旦に、様々なお祝いでお迎えする、ということから始まった行事です。

年神様が入ってこられる玄関や神棚に目印としてしめ縄を祀り、そのしめ縄にたくさんの縁起物を飾ってお願い、お祈りしたものがしめ飾りとして作られました。

現在では、お正月に向けてしめ飾りを玄関などに飾る家庭が多いですよね。また、年神様が戻られる日(松の内)に外される、という理由も由来を知っていれば納得できます。


スポンサードリンク

神棚のしめ縄としめ飾りの飾り方


神社には1年中しめ縄が張られており、しめ縄の意味を知った今、なぜ常に張られてあるか、ということもおわかり頂けたかと思います。

そして、各家庭にある神棚にも、神域を表す境界という意味で、1年を通して飾っておくべき、ということがわかりますね。

今まで神棚にしめ縄をしていなかったというご家庭もあるかと思います。そこで、最後に神棚のしめ縄と、お正月のしめ飾りの飾り方についてお伝えしたいと思います。

まずは、神棚に祀るしめ縄を用意しないといけないですよね。

神棚用のしめ縄としてよく用いられるものが2種類あります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しめ縄(神棚用) 3尺大根〆 (切下げ4枚付)
価格:3400円(税込、送料別) (2017/10/20時点)

左右の太さが違っている「大根注連(だいこんじめ)」、全体に細くしめられた「牛蒡注連(ごぼうじめ)」です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しめ縄(神棚用) 3尺一本〆(切下げ4枚付)
価格:2580円(税込、送料別) (2017/10/20時点)

しめ縄には紙垂(しで)を垂らしますが、紙垂を「四手」とも表記し、一般的にしめ縄には4枚の紙垂をたらすことになっています。

現在ではインターネットでも神棚用しめ縄として一式簡単に購入でき、そちらを使用すれば問題はありません。

厳密に自分の住む地域、氏神様に合ったしめ縄をしたい、という場合には紙垂をご自分で作ることも可能です。

一般的なものは、4回かくかくと折られた吉田流の四垂ですが、吉田流、白川流、伊勢流と、3つの流派によって折り方が異なりますので、地域の流派を調べて合わせるようにしてくださいね。

そしてしめ縄の飾る向きも決められています。私たちから向かっては右、神様から見ると左側がより神聖とされていますので、しめ縄の縄が太くなっている方を向かって右になるよう飾ります。

ただし、伊勢神宮や出雲大社では、向かって左に祀られ、伊勢地方では同じように祀る風習がありますので、ご自分の地域での祀り方を調べておく必要があります。

取り付け方は、L型に折れた釘を神棚の雲板部分に刺し、そこに麻などで結びつける方法が一般的です。より安定させる為に、L字型の釘にそのまましめ縄を刺して固定させる方法もあります。

または、細い針金や紐で神棚のお社である宮形(みやがた)にしばることもできます。

しめ飾りは表や飾る向きは一目瞭然ですよね。飾る場所は、玄関や神棚です。取り付け方も麻や紐で結べる部分に結んで固定しましょう。

しめ縄は基本的には1年を通して飾り、年末に神棚のお掃除をし、新しいしめ縄に交換します。

神棚のお掃除、交換、しめ飾りの取り付けは、12月28日までに行いましょう。29日は9(苦)がつくと言われ縁起が悪く、31日は、1年の最後の日に一夜漬けで行うことになり、神様に対して失礼に当たります。以上のことを守って飾るようにしてください。

神棚掃除にもってこいの日はコチラ
>>神棚掃除はいつから?方法にも作法が!

神棚のお札の交換って初詣では遅い?
>>お札やしめ縄を交換する正しい時期とは?

しめ縄としめ飾りの違いや意味と飾り方や向きのまとめ

今では、しめ縄やしめ飾りの意味を理解して飾っている方が少なくなっているのではないでしょうか?

お正月にしめ飾りを飾ることが、ただ当たり前のようになっていたかもしれませんが、このように意味を理解して、祀ることによって、本来のお正月の意味、過ごし方、大切な感謝の気持ちを意識することができるかと思います。

そして、神棚にしめ縄を1年通して飾れていなかった、という方も、神様のおられる神聖な場所を示す境界として、今年から飾るようにしてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 - 日本の行事・習慣 ,