まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

岡山なら潮干狩りは高洲へ児島の観光名所王子が岳の絶景も!

      2017/05/11


桜が散り始めるとそろそろ潮干狩りの時期がやってきます。

潮干狩りでは、あさりやミル貝、マテ貝やタイラギ貝、さまざまな貝掘りや磯遊びの季節が春から夏まで楽しめます。

岡山でも有名な潮干狩りのおすすめスポットは、児島の浅瀬、干潮の時だけ幻の高洲が現れる児島の高洲の情報や行き方を紹介します。

スポンサードリンク

岡山の潮干狩りは高洲の幻の島へアクセス!

岡山県で潮干狩りと言えば、倉敷市児島の王子が岳のふもとから沖合にある高洲の潮干狩りが有名です。

王子が岳の船乗り場から、1キロほどの沖合に4月から8月まで大潮の干潮時に約3時間高洲が干し上がり海の中に幻の島、そう、幻の砂浜が浮き上がります。

その3時間をめがけて潮干狩りや磯遊び、夏であれば海水浴などを楽しむことができるのです。

オンシーズンは、4月から8月ですが潮干狩りは、潮の満ち引きが関係しているので時間帯が重要になります。

特に、この高洲の浅瀬が出現するのは干潮の時間帯なのでそれを狙って船がでます。

往復乗船料は必要となりますが、入漁料は無料なので、どれだけ獲れても、獲った分だけすべて無料で持ち帰ることができるのが魅力です。

捕ることができる貝は、あさりやミル貝をはじめ、マテ貝やタイラギ貝、赤ニシ、ツメタ貝、姫貝にイタヤガイなどの大物の天然貝が採取できると有名です。

児島の高洲潮干狩りはからこと丸で5分

場所は、倉敷市児島と玉野市宇野の瀬戸内海沿いの間に位置しており、王子が岳という山も背負っている絶景の位置になります。

潮干狩りの名所、高洲の浅瀬に行くには、王子が岳のふもとから「からこと丸」の船に乗り5分ほどで行くことができます。

往復乗船料金(消費税込み)
おとな:1,300円(中学生以上)
こども:650円(4歳から小学生まで)

無料駐車場も完備していますが、シーズン中は先着順となるので早めの到着をおすすめしますが、干潮の時刻が昼過ぎの夕方前となることが多いこともありとにかくおはやめにというのが鉄則です。

駐車場の近くには、これから向かう沖合の瀬戸内海があり、昼過ぎまでは近くの王子が岳で春はワラビ狩りなどが人気です。

からこと丸では予約は受け付けてないので、駐車場に停めたあと受付にて先着準にて乗船切符を購入します。

その日の干潮時によって船の出航も変わってきますので、受付時に出航時間を聞いてから、出航までの時間を考えると良いかも知れません。

桟橋近くの、からこと丸売店では、3月以降、焼きそばやたこ焼き、ソフトクリームなどの販売が開始されるので、購入したあと王子が岳に軽くハイキングし瀬戸内海の絶景を先に満喫するのがおすすめです。

たこ焼きや、焼きそばに使用されるタコは、地元下津井大ダコを使用しており、地ダコを使ったり、地元有機野菜のキャベツなどの野菜をたっぷり使っておもてなしをしています。

時間があれば、是非食べて見て欲しいグルメです。


スポンサードリンク

岡山観光を王子が岳で絶景を楽しんで

いざ、潮干狩りのポイント、高洲の浅瀬へ行くことが決まれば、干潮の船の出航を待つばかりです。

午前中に倉敷市児島唐琴に到着し、昼過ぎには潮干狩りができるよう、付近で遊べる場所がポイントです。

まずは、こどもと一緒に過ごせて、これから体力を消耗するであろう潮干狩りを控えた遊びに最適なのは、からこと丸のりばの裏山にあたる王子が岳でのピクニックです。

王子が岳は、奇岩や巨石が点在する男性的な王子が岳と知られていますが、桜やつつじの名所でも知られています。

春の4月や5月には、わらびやタラの芽など山菜狩りも楽しめるので、午前中は山菜狩りやわらび採り、山頂でお弁当を食べてから下山して潮干狩りといったコースが定番となっています。

「からこと丸」乗船受付で、当日の発着便を確認して、からこと丸売店で購入した、地元下津井の大ダコの入った、たこ焼きや焼きそばを購入して王子が岳に登るのも良いですよね。

からこと丸の発着場から、王子が岳山頂までゆっくり登っても40分くらいで到着します。

王子が岳山頂からの、瀬戸内海の多島美の絶景はこどもながらに心に残ること間違いないほど美しい景色ですのでおすすめスポットです。

高洲の潮干狩りの基本情報や詳細地図はコチラ【楽天たびノート】

ナビシステムに入れる地図情報はコチラのマップコード【19135736】

お問い合わせ先(乗り場ではありません)
事務所電話番号(086-473-3718)
住所:倉敷市児島唐琴町1421

子供と初めて行く潮干狩りの持ち物や注意点はコチラ
>>潮干狩りの道具や注意点から準備すること

まとめ

潮干狩りができる地域も限られてきましたが、ここ児島の高洲の浅瀬は干潟が現れると、変わらず大物の貝類が獲れることで有名です。

どろんこになって潮干狩りを楽しんで大物をゲットしてみてくださいね。

スポンサードリンク

 - おでかけ・おすすめスポット ,