まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

甥の大学入学祝いの相場やのし袋といつのタイミングで渡す?

   

のし袋
甥っ子の大学合格おめでとうございます。

大学受験を無事乗り越えて、晴れて春から大学生ですね。

可愛がっていた甥っ子も、もう大学生だなんて早いものですが大学の入学祝いにお金を包もうと思った時、気になるのが相場となる金額です。

また、のし袋の表書きの書き方や、渡すタイミングはいつがいいかを紹介します。

スポンサードリンク

甥の大学入学祝い相場の金額は?

甥っ子の成長は早いもので、ついこの前まで無邪気に遊んでいたのに、春から立派な大学生になるなんて甥っ子と呼ぶよりも甥になったような・・・感慨深いものがありますよね。

大学入学のお祝いのしるしに、お金を包む場合の金額の相場ですが、その親密度により変わってきます。

一般的には、甥っ子や姪っ子に贈る大学入学のお祝いは、1~3万円と言われています。

大学入学だからというのではなく、小学校や中学校、高校や大学まで入学祝いは一律で1万円と、親戚内で決められている場合もあるようです。

それでも、高校入学のお祝いに2万円包んだのに、大学入学のお祝いが1万円だと、なんとなく気が引けることもありますよね。

とても可愛がっている甥っ子だから3万円
たまにしか会わない、親戚程度のお付き合いの甥っ子なら5千円~1万円。

といったように、ご自身の経済状態や気持ち次第というのが結論です。

しかし、こういったお金のやり取りは甥っ子とあなたご自身だけではなく、その甥っ子のご家族がお返しなどを考えなければいけない場合もあります。

そのため、まずはその甥っ子の親などに「これくらいのお祝いを考えている」旨を相談してから決めることができれば、お互い気持ちよく受け渡しができますよね。

大学の入学祝いの次は、成人のお祝いが待っていますし無理の無い範囲でお祝いしてあげましょう。

大学入学祝いののし袋や表書きは?

大学入学のお祝い金額が決まれば、次に心配になるのがのし袋や、その表書きです。

のし袋とは、お祝い袋などとも呼ばれ、熨斗(のし)の部分と水引(みずひき)がついた封筒です。

最近では、封筒にあらかじめ熨斗や水引の印刷が施されたお祝い袋などが販売されています。

慶事や弔事、お祝い事やお悔やみ事の内容により、熨斗や水引の種類が変わってきますので、間違えないように選びたいものです。

入学祝いは、慶事のなかでも何度あっても良い慶びごとなので「蝶結び(ちょうむすび)」(花結びとも)の水引を使います。

のし袋の表書きには、「祝御入学」「御入学御祝」「入学御祝」などと書くのが一般的です。


スポンサードリンク

大学の入学祝いはいつのタイミングで渡す?

大学の合格が分かった時点で渡したい場合は、御祝いの食事の場などが設けられればその時に渡すとスマートです。

そういった場合は、のし袋の表書きも「合格御祝い」や「祝合格」などとしても喜ばれるのではないでしょうか。

お正月に親戚が集うときしかタイミングがなく、大学入試の合否が分かっていれば、お年玉と一緒に渡すのも一般的です。

頻繁に会うことができる場合、高校を卒業した後の入学前に会う機会を作れるなら、入学の2~3週間前までに渡すのが一般的です。

目安はお彼岸までに御祝いをしてあげると良いでしょう。

お彼岸は、春分の日を真ん中に前後三日間ずつとなりますので、三月の半ばまでに渡すとマナー違反にはなりません。

かわいい甥っ子が、大学生になる慶びの気持ちとともに御祝いを早く渡してあげたいですね。

とはいえ、万が一、入学前ギリギリになったとしても御祝いする気持ちが一番大切なので、私見としてですが大丈夫だと思います。

まとめ

大学生になる甥っ子への、入学祝いの相場の金額や渡すときののし袋や、表書きやいつ渡すかのタイミングなど、最低限のマナーを紹介しました。

どんどん大人になっていく甥っ子をずっと見守っていきたいですね。

スポンサードリンク

 - 日本の行事・習慣 ,