まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

一億総活躍県南花火大会の児島湖10月開催の玉野八浜主会場への地図

      2016/10/02

一億総活躍県南花火大会
一億総活躍県南花火大会と題した花火大会が2016年10月9日(日)に開催されます。

四国方面や児島方面から、主会場である八浜会場への行く途中の絶景ポイントを紹介しながら、八浜会場で打ち上げ時間までの余裕をもった行き方とおすすめスポットを紹介します。

スポンサードリンク

一億総活躍県南花火大会の打ち上げ場所と観覧場所

岡山南商工会の一億総活躍県南花火大会実行委員会が主催となり2016年10月9日(日)に「一億総活躍県南花火大会」が開催されます。

花火大会名:一億総活躍県南花火大会
(いちおくそうかつやくけんなんはなびたいかい)

日程:2016年10月9日(日)
(雨天の場合は翌日10月10日(月・祝)予定)

開会セレモニー:18:30~
打ち上げ場所:児島湖水面
打ち上げ開始時刻~終了時刻予定:19:00~19:45
打ち上げ花火予定数:6000発
(20発以上の尺玉があがる予定です)

観覧場所は、3ヶ所設けられており

観覧会場/住所
○八浜町八浜地区主会場
 /玉野市八浜町八浜1091-1周辺
○藤田都六区スポーツ広場
 /岡山市南区藤田1666周辺
○灘崎レイクサイドパーク(サーキット場)
 /岡山市南区北七区地内

となっております。

児島湖の花火を囲うように観覧場所が点在していますので、玉野市の八浜と岡山市の南区と離れています。

児島湖湖上の花火の打ち上げ場所から地図で見る観覧場所はこうなります。

A地点からB地点までが八浜主会場場所となり、道路から児島湖を見渡せるよう開放されます。

児島湖で花火大会が10月なら夕陽のあとは真っ暗に

開催会場の児島湖周辺は周りに大きな建物もなく、さらには10月開催ということで、日が沈むのも早く18時頃には辺りは真っ暗になります。

花火の打ち上げ時刻が19:00からと、少し早いように感じるかもしれませんが、この辺りは田んぼが多く、民家も多くなく、大きな湖なので19:00でももう夜の雰囲気です。

特に、岡山市南区藤田の「藤田都六区(ふじたみやころっく)スポーツ広場」、岡山市南区北七区地内の「灘崎(なださき)レークサイドパーク会場」のあたりは、街灯も少なく真っ暗闇の農道になるので十分気を付けてくださいね。

どれくらいの人出になるか、混雑状況や渋滞状況も初めてのイベントで分からないことが多いですが、開催時間の2時間前を目指すくらいで行くとスムーズに停められるかもしれません。


スポンサードリンク

岡山の児島湖で花火打ち上げ場所まで絶景ポイントを通って

児島方面から玉野に向かうルートは大きく分けて2通りあります。

なかでも、児島駅からおすすめの海を見ながら行く絶景ルート(所要時間約45分弱)と、山道をショートカットして行く早道ルート(所要時間約40分弱)があります。

ここでは、児島駅からのおすすめ絶景ルート(所要時間約45分弱)を説明します。児島駅から説明すると、駅の南側を走る430号線を玉野・渋川方面に道なりに直進します。

道なりに行く道中で最初の切り替えの交差点は、「田の口」交差点を右折します。右折するとすぐに左手に児島の酒蔵『十八盛酒造」があります。

そこを左手に見ながら直進すると突き当たりになり海が目の前にひらけてきますので、道なりに左折しそのまま道なりに直進します。途中、左手にサークルKサンクスのコンビニエンスストアを過ぎてしばらく走ると右手に瀬戸内海がひらけてきます。

そのまま海岸線を通って直進すると、左手に『王子が岳』という風光明媚な山があり、右手には、日本の渚百選に選ばれた白砂青松の『渋川海水浴場』が見えて来ます。ダイアモンド瀬戸内マリンホテルが入り口です。

そのまま直進し、「日比」交差点も430号線のまま行きますので直進ではなく左折するかたちで道なりです。

次の「玉比め神社前」の交差点も道なりに直進しますが、この左手にある『玉比め神社』も縁結びなどのパワースポットとしてもおすすめです。ただ、この交差点からいうと少し左後ろ向きに位置しますので見逃さないように注意が必要です。

そのまま、430号線を直進し、「ループ橋南」という交差点を30号線に左折し、ぐるりとループ橋を通り左手に『深山公園(みやまこうえん)』を見ながら直進します。

次の「田井」交差点で県道22号線に右折します。道なりに進むと「尾坂峠南口」交差点を左折し県道45号線に乗ります。直進していると「尾坂トンネル」をくぐり、直進すると県道405号線との分岐点があります。

45号線をそのまま直進しても、左折して405号線へ行き玉野興南高等学校方面からも八浜主会場にはたどり着きますので、おそらくその分岐点のあたりに看板もしくは、警備員が配置される予定です。

八浜主会場の情報と交通規制はコチラ
>>八浜会場の交通規制と時間帯、ランチスポットも!

詳しい各観覧場所駐車場情報はコチラ
>>児島湖で上がる岡山最大級の花火大会会場!

花火の帰りに寄りたい玉野の月の見える日帰り温泉はコチラ
>>たまの湯で海鮮をいただき露天風呂まで満喫しよう

倉敷美観地区周辺や児島の絶景露天風呂のあるホテルはコチラ
>>倉敷美観地区や児島の瀬戸内海全室オーシャンビューホテルBEST3

たまの温泉もあるダイアモンド瀬戸内マリンホテルは宿泊も可能ですよ。詳細はコチラ【楽天たびノート】

時間に余裕があれば、是非寄ってたのしんでいただきたい、昼間の瀬戸内の多島美を見渡せる絶景ポイントの『王子が岳』の基本情報や王子が岳から見た風景写真はコチラ【楽天たびノート】

秋の海、白砂青松の渚百選に選ばれた『渋川海水浴場』はコチラ【楽天たびノート】

まとめ

10月の花火という夏の花火とは少し落ち着いた秋の夜長を楽しむ花火のプランを楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク

 - 花火大会 ,