まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

犬島へのアクセスに車で大阪方面から岡山の宝伝港へのルートは?

      2016/09/22

犬島

岡山県南東部の東区に位置する宝伝(ほうでん)から約3kmに浮かぶ犬島(いぬじま)は瀬戸内海国立公園内にある周囲が約4kmという歩いて1時間ほどで1周できる小島です。

大阪方面から車で犬島にアクセスする場合の方法や、犬島への入り口宝伝港の場所、フェリー乗り場や駐車場を紹介します。

スポンサードリンク

犬島へのアクセスは車で宝伝港まで行こう

大阪方面から車で犬島に向かう場合、車で行けるのは本州岡山県の犬島への玄関口宝伝港までです。

その宝伝港から犬島には、車でも自転車でも行けないので、岡山の宝伝港から出ている「あけぼの丸」の定期船へ身体1つで乗り込んで行くことになります。

もう一つ、行き方がありますが、それは岡山県玉野市の宇野港から、直島(なおしま)、豊島(てしま)を経由して犬島へアクセスする方法もあります。

逆に言えば、犬島から、豊島を経由して直島まで行けるということでもありますが、まずは岡山市東区の宝伝港に車を停めて「あけぼの丸」に乗り犬島に行く方法を紹介します。

犬島へアクセスする大阪からのルート

大阪方面から、岡山の犬島を目指すには行き先は、岡山県の宝伝港「定期船のりば」が目的地となります。

中国自動車道や阪神高速道路から山陽自動車道へ進み岡山県の「備前IC」から一般道へ降り、分岐点を「ブルーライン経由」県道260号線の左方向へ進み、牛窓・日生(うしまど・ひなせ)方向の標識に従うと県道260号線となりますのでそのまま直進します。

岡山・ブルーラインへ向かっていると、岡山ブルーラインの高架下(【「この道路は高速道ではありません」全線片側一車線です「蕃山←→君津」】(しげやま←→きみつ)といった標識があるところ)をくぐるかたちです。

岡山ブルーラインは、昔は自動車専用道路の有料自動車道路(名前もブルーハイウェイ)でしたので、「ブルーライン蕃山インターチェンジ」という看板がありますので、その道が397号線ですので道なりに進みます。

「道の駅 一本松展望園」の看板が見えて来ますので、その信号を「道の駅一本松展望園」に入るように左方向へ進み、三叉路をすぐに左折し県道225号線を進みます。

ちなみに、ここの「道の駅 一本松展望園」は、岡山ブルーラインから見る瀬戸内の多島美の景観は、これから向かう犬島なども展望台から眺めることができる絶景ですので、フェリーまでの時間があれば、是非立ち寄ってみてくださいね。

「道の駅 一本松展望園」からは、車で渋滞がなければ宝伝港定期船乗り場まで30分かかりません。距離にして15kmほどです。

あとは、県道225号線を直進していると228号線へ行く道と分岐点がありますので左折して牛窓町長浜方面225号線へ向かうと、県道39号線に突き当たりますので左折して39号線に入ります。

紺浦交差点に突き当たる道が県道28号線です。左折して進みます。(右折すると牛窓です)直進して鹿忍交差点を(県道232号線へ)左折します。(宝伝・西脇方面)

直進していると海がひらけてきますので道なりに右方向へ進み、海沿いを走ると道なりに右折します。左手に「西宝伝」というバス停がありますので、そこを左折するのですが、ここまでくると宝伝港定期船乗り場はこちら150mという看板が出ています。


スポンサードリンク

犬島のアクセスには岡山宝伝港の駐車場へ

犬島に行くために宝伝港定期船に乗船する人のための分かりやすい駐車場の場所は宝伝港の近くに2ヶ所の有料駐車場があります。

さきほどの、232号線を通って牛窓方面から来た場合、海沿いを通り、道なりに右折する時に左手(海側)を見ると、そこに35台停めることができる犬島行きの方のための駐車場があります。

「宝伝港駐車場:料金所/有料駐車場P」と書かれた青い看板が出ているので、ここまで来ると分かりやすいです。

もう1ヶ所は、西宝伝バス停よりもう少し232号線を奥に進んだ左手に同じく35台分の市営駐車場の有料駐車場があります。こちらは6時から19時30分までの営業となっています。

いずれも宝伝老人クラブが運営されていて、犬島行きの人のために閑静な住宅街の更地に作ったような駐車場です。地域住民の好意で運営されているため、満車になった場合など、宝伝老人クラブの方たちが、さまざまな停められる場所があればそちらに誘導してくれるなど、あたたかい気持ちになれます。

いずれも料金は1日でも1回でも500円と格安で前払いです。

瀬戸内国際芸術祭会開催期間中などの繁忙期は、特に11時発の便に合わせて車で来られる方が多く、すぐに満車になることも多く、もどかしくはあるのですが、宝伝港定期船のりばの周辺はお手洗いは完備されていますが、特別売店や待合場所などがあるわけではありません。

ですので、ゴールデンウィークや夏休み、シルバーウィークなどの大型連休は注意して、特にコンビニなども宝伝港周辺にはないので、さきほどのブルーライン道の駅 一本松展望園売店などで必要なものは購入しておいてくださいね。

犬島へ行く宝伝港定期船の所要時間は10分!
>>宝伝港から犬島へあけぼの丸の時刻表と岡山からの直行バス情報

少し定期船まで時間があれば閑谷学校も行ってみて!
>>世界最古の庶民の学校閑谷学校は一度は見ておきたい国宝

宇野港から直島へのアクセス方法はコチラ
>>宇野港からフェリーで直島へ行くには?

まとめ

犬島は小さくて、ゆっくり歩いて観光しても2~3時間と言われています。のんびりと日頃の喧噪を忘れて瀬戸内海に囲まれたアートな島で癒やされてくださいね。

犬島の島内周辺地図はコチラ【楽天たびノート】

スポンサードリンク

 - 中国・四国 ,